スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動した!!

嘘です。
そこまで感動はしていません。
でも、とても嬉しかったのは事実です。

そりゃあ同人誌が(ほぼ)完売したらサークルメンバーとしましては嬉しいに決まっています。
私も人の端くれですので。

というわけで、どうも皆さんこんにちは。広報担当の黒井和です。

今回は「祝☆同人誌完売御礼」というわけでイベント後のあとがき的なものを書きたいと思います。

えっ? そんな時間外労働的な事やっちゃうなんて!
ぐぅたらな私がこんな記事を書くなんて珍しい!!
珍しすぎて、明日はきっと夜しか眠れない!!!

いやいや、ボスに尻叩かれながらこの記事書いているなんて。
いくらなんでもそれはないですよ。
ええ本当です。
まさかこの記事を書いてくれと連絡を受けて承諾したのにうっかり忘れちゃって再度連絡受けて「あ、忘れてた」なんて……

そんなことあるわけないじゃないですか、本当ですよ、神には誓えないけど。

……(=∀=)
さて、そんな内部的なクズ人間の話は置いておいて。


今回の同人誌の作成秘話などをちょっと。

実は今回の作品、事前の打ち合わせでどれくらい部数を刷ろうかという話題が白熱しました。
なにせ前回の同人誌が過去最低の販売部数をたたき出してしまったので、「次の部数はどうしようか?」「やっぱり少なめにしとく?」と必然的に議題に上がっていたのです。
しかし、そこは今回表紙絵を翠氏が担当することになりメンバーの期待が高まり。
更に執筆者も少数精鋭で書こうということで「じゃいつも通りで」と話がまとまりました。

余談ですが、今回の同人誌は過去最少ページ数だったりします。

そして迎えた本番当日は天気にも恵まれ文学フリマは大反響。
我がサークルにもお客様が多数お見えになってくれました。

結論から申しますと、前回の不況はどこへやら、午後3時には(ほぼ)完売となった次第であります。
いつもながら同人誌を買っていただいた方には感謝を述べさせていただきたいです。

本当にありがとうございます。


それにしても、いやぁよかったよかった。

やっぱり売れるのと売れないのではテンションが違いますからね。
「これ一冊ください」って言われるときの嬉しさときたらもう堪らんとですよ。

私、文学フリマでは同人誌買ってもらう事と昼食にカレーを食べる事と、可愛い女の子いないか探す事がもっぱらの楽しみでして……

うん、これ以上はやめておこう。サークルの威厳が損なわれそうだ。


そんなこんなで今回の文学フリマはかなり成功した方なのでは? と私は思っております。

執筆作業を締め切り当日まで戦ったメンバー、
表紙をお描き頂きました翠氏、
いつもながら編集作業をお一人でやっているボス、
そしてこの作品を手にしてくれた皆様。

今回もお疲れさまでした。そしてありがとうございます。

多分恐らくきっと、11月に行われる文学フリマにも我々は出店すると思われますので、その時はまた皆様よろしくお願いいたします。

というわけで以上、広報担当の黒井和がお送りいたしました。
それでは皆さんまた会う日まで(^-^)/

ps 次回は締め切りを守って見せる。……神には誓えないけど。
スポンサーサイト

撤収

文フリに参加した皆さん、お客さんもスタッフさんも出店した方々、ありがとうございましたm(_ _)m
今回は、取り置き分も含めて在庫0にすることができました!

次は約半年後の27回文フリで、お会いできるよう精進して参ります。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

本日開催中

ついにはじまりました!
第26回文学フリマ東京、今からでもまだ全然間に合います!ぜひ代々木果実混合の同人誌を見に来てください!
ブース番号はCー68になります。
ご来場、お待ちしております!

世界はいつだって残酷なんだから

なにをどう頑張っても理不尽なことってあると思います。

でもね、それでも負けるわけにはいかないんです!!

締め切りという悪魔がどれほど融通の利かない非人道的所業を行ってこようとも我々執筆者はその悪行を跳ね除け日々精進し作品を完成させる事に精を尽くす。
例えどんな誘惑がちらついても、それを後回しにしてでも……

でも、ちょっとくらいなら許してくれるよね?


とまあ、前置きと茶番はこれぐらいにしといて。

どうも皆さんこんにちは。広報担当の黒井和です。
最近のマイブームはバーチャルユーチュバーをなんとなく見る事です。

あれって何が面白いってわけじゃないんですけど何となく見ちゃうんですよね。
ほら、執筆中の息抜きにちょうどいいというか。
でもネタとか考えるの大変そうですよね。私も一応執筆者の端くれなもんで、何かネタを一つ考える事がとても大変だという事は重々承知しています。

ほんと大変なんですよ、意外とね。


さてまた脱線する前に本題に入らせていただきましょう。

今年もやってまいりましたゴールデンウイーク!!
そしてもちろん我々にとっては毎年恒例のイベント文学フリマ
今年は5月6日(日)の開催となっております。

場所はいつも通り東京流通センターです。

そして今回の我々のブースは一階のC-68となっております。

いい場所ですね。
前回は色々ありまして、場所がどれだけ重要かという事を理解しました。
本当に嫌な事件だったね……

とか言いつつも、今回も我々の出品する作品はライトノベル短編集。
内容は4月に掲載した別記事に載せてありますのでそちらをご覧ください。

今回全体的に皆さん苦労されていたみたいで、締め切りギリギリの方が多かったとか。
もちろん私はいつも通り締め切りを数時間飛び越えての提出だったことは言うまでもありません。

ほんといつもすみませんm(_ _)m

皆さんはこんなダメ人間にならないように。


というわけで今回の第二十六回文学フリマ、ご来場の際はぜひとも、是非とも我が代々木果実混合のブースにお立ち寄りください。
メンバー一同、心よりお待ちしております。
以上、広報担当の黒井和がお送りしました。
それでは皆さん。また逢う日まで!!!


気が付いたらまた一つ歳をとっていた。現実はつらたんな事ばかりやで…(ノ_<)

本誌の宣伝文載せてみた

お疲れ様です。
最近、花粉は減っているのに症状が重くなっている森地です。

今日は、5月6日文学フリマにて販売するspring colorのチラシに載せる物語の紹介文を乗せていこうと思います。


まずは、ゆうじんさん。


『笑顔の姫とぼやく杖』

どうも、杖です。今日もお日様が熱いです。
魔王軍との激闘の末、荒野に杖として1人取り残されて50年くらいかな?
ようやく、荒野を脱出することに成功しました!!(泣)
が、しかし!
時の経過が、僕を英雄武器にしてしまったらしくその身(杖)を狙われることに!?


ドンドンいきましょー
次は私、森地の作品紹介~

インガオウホウ

主人公はそんなに頑張っていません。状況に押し流されて、その中で自分のできる事、やるべき事を取捨選択していきます。でも人生ってそういうものだよね、なんて思ったりもしています。


続きまして、我がサークルのまとめ役である紅さん


「城守りのクラン」
                 
 城を拡張し、文明の力で世界を統べようとする城壁連合の人々と文明の力を拒絶し、破壊をもたらそうとする“城食い”と呼ばれる蛮族との戦いを描く。

次、サークルの会計、出ていくばかりの金庫番 黒井和

 あと3日しかない
            
 村田敦(むらたあつし)。
 職業、フリーのシナリオライター。
 そしてダメ人間。
 鬼編集者から出される依頼を今日も寄り道しながら遂行していく。
 しかし、今回の無茶はいつも以上だった。

最後に今回、執筆陣の紅一点 橘さん

アニメ星占い          橘きこ

西洋占星術の観点から、各星座別のオススメアニメをご紹介します。あなたにぴったりのアニメが見つかるかもしれませんよ。アニメ好き、占い好き必見です!
プロフィール

代々木果実混合

Author:代々木果実混合
代々木果実混合ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。